一日葬はどの葬儀会社でも対応してもらえるの?

蓮華

一日葬はどの葬儀会社でも対応してもらえるの?

葬儀

新型コロナウイルスの影響もあって、小規模で行われる葬儀が増えてきました。

その中で、一日葬のニーズが高まっていますが、具体的にどの葬儀会社でも対応してもらえるのでしょうか?

ここでは、一日葬をどこで依頼するのかについて解説します。

一日葬の概要

葬儀

一般的な葬儀といえば、1日目にお通夜を実施して2日目の午前中に葬儀、告別式を行い、火葬場へ向かう葬儀を思い浮かべます。

ただ、近年は高齢化やシンプルな葬儀の需要が高まっており、家族葬やお通夜を行わずに葬儀や告別式のみを行う一日葬が増えています

概ね、一日葬では以下の流れで進行します。

  • お迎え・安置
  • 打ち合わせ
  • 納棺
  • 告別式
  • 火葬
  • 精進落とし・解散

一日葬を依頼する方法は?

葬儀

逝去後に葬儀社に連絡を入れた上で、遺体を搬送してもらうことからスタートします。

法律によって、亡くなってから24時間を過ぎないと火葬を行うことは不可能であり、病院の霊安室において長時間の安置は認められていないのです。

よって、遺体は自宅や斎場・葬儀社の安置室といった所定の場所に搬送して安置することになります。

その後、葬儀社と葬儀の方法などをについて具体的な打ち合わせを行ないます。

ここで、会場費や菩提寺への許可取り、親族や参列者への連絡の仕方については、特に念入りに整合しておくことをおすすめします。

一日葬はどの程度費用がかかるの?

一日葬は、一般的な葬儀と異なり短時間で行えることで費用面を抑えることができます

一日葬の全国平均費用は、概ね44万円程度と言われています。

通夜を行わないことによって参列者の数が少ないこともあるので、一般葬の平均費用の約90万円、家族葬の平均費用の57.9万円と比較して平均費用が低く抑えることが可能です。

もちろん、一日葬でもさまざまなオプションを付帯させると100万円を超えることもありますが、最も多い金額帯は20万円台となります。

一日葬はどこで依頼可能?

葬儀

一日葬は、新型コロナウイルスの影響もあって小規模な葬儀のニーズが高まっていることから、多くの葬儀社で取り扱っています

これは、首都圏など大規模な葬儀社だけでなく、地方の中小規模の葬儀社でも対応してもらえるケースが多いです。

ただ、一日葬の中でもさまざまなオプションを付けることができる葬儀社を探す場合は、比較的大規模な葬儀社を選ぶことになります。

気軽に一日葬を検討しよう

一日葬は、これからもニーズが高まることは間違いありません。

ただ、一般的な葬儀とは異なることも多いので、信頼できる葬儀社に依頼したいものです。

広島の葬儀・お葬式は蓮華までご連絡ください。

お電話でのお問い合わせ
お問い合わせ相談無料
Copyright c All Rights Reserved.