供花は家族葬で必要なの?最低限のマナーや贈る際に確認すべき注意点
広島市で葬儀・家族葬なら
日本終活セレモニ ー

供花は家族葬で必要なの?最低限のマナーや贈る際に確認すべき注意点

お葬式では故人の冥福を祈るために「供花」(くげ)を贈るのが一般的です。しかし近年では、家族葬や自由葬など、近親者たちだけでしめやかに葬儀を行うことも多くなりました。

家族葬や自由葬では、大勢の参列者とともに行う一般葬儀とはやや勝手が異なるため、従来のマナーも変わってきます。

そこで気になるのは、たとえば「家族葬では供花が必要なのか」「それとも贈るとかえって遺族に迷惑になるのか」といった疑問です。

今回は家族葬の供花の考え方やマナーについて、広島市の葬儀社・日本終活セレモニーが解説します。

 

 

そもそも供花とは?抑えておきたい基礎知識

おそらく誰でも、子どもの頃に一度は葬儀を経験していると思います。しかし大人になってから自分で香典を用意して参列する葬儀は、まったく別物だといえますね。

もしかしたらこの記事を読んでいる方のなかには、「社会人としてはじめて参列する葬儀が家族葬だった」という方もいらっしゃるかもしれません。

そこでまずは、「供花」とはどんな花なのかについて基本を洗っておきましょう。

さて供花とは、故人に哀悼の意を示し、冥福を祈るという意思を表明する花のことです。ご遺族に「お悔やみ申し上げます」という気持ちを伝える役割も担っているため、儀礼的な意味合いもあります。供花は、社会人として知っておくべき冠婚葬祭のマナーの一つだといえます。

供花はユリ・キク・カーネーション・蘭といった生花が代表的ですが、現在では、手入れがラクな造花も人気といわれています。「衣服に花粉がつかない」「花粉アレルギーの人でも安心」という点でも、造花も一つの選択肢です。

 

結論:家族葬では供花を贈らなくてもいい

供花は家族葬で必要なの?最低限のマナーや贈る際に確認すべき注意点

家族葬は、「近親者や親しい者のみで故人との別れを過ごしたい」「参列者に気を遣うのが煩わしい」「コンパクトに葬儀をあげて費用・手間を省きたい」という要望を持つ方に人気のある葬儀形式です。つまり、その家族葬における形式が、多くの面で故人やご遺族の裁量で変わるということです。

そのため家族葬では、一般の葬儀とは異なり、必ずしも「供花を贈らなければならない」というわけではありません。遺族によっては、むしろ「供花は遠慮したい」という考えを持っている可能性があります。

もしあなたが家族葬に参列することになったときは、あらかじめご遺族に意向を確認し、その上で供花を贈る許可をとっておきましょう。

 

供花を斎場に手配するときはどうすればいい?

供花は家族葬で必要なの?最低限のマナーや贈る際に確認すべき注意点

ご遺族の許可を取り、いよいよ供花を用意する段になったら、次に気を付けるべきことは手配方法です。一般常識として、供花を手渡しするのはマナーとして自然ではありません。普通は決まった時間に斎場に届くように手配することになります。

基本的に供花の手配は、生花店に依頼すればワンストップで完了します。確実に予定到着時間に供花が届くように、できる限り斎場の近くにある生花店をあたりましょう。

もう一つ、供花を手配する方法があります。それは葬儀社に手配を依頼する方法です。生花店と連携している葬儀社に依頼すれば、スピーディーに段取りをして確実に斎場まで供花を届けてくれます。地域密着型の葬儀社は各斎場のことを熟知しているため、勝手のわからない人にとっては、心強い相談相手になってくれることでしょう。

広島市の葬儀社・日本終活セレモニーは、生花店と連携して速やかに葬儀花を手配することが可能です。仏教はもちろんのこと、神道やキリスト教、無宗教スタイルにふさわしい供花をご予算・ご要望に応じてご提案することが可能です。

お問い合わせ・ご相談

 

葬儀の電話相談スタッフ

葬儀担当の相談員が24時間365日、丁寧に対応いたします

お急ぎの方はお電話ください

相談
無料

ご相談窓口 スタッフ24時間待機中

フリーダイヤル0120-927376

※ご相談だけでしたら料金は一切いただいておりません。お気軽にご相談ください。
※病院から紹介された葬儀社を断ることは、決して失礼なことではありません。

相談無料お電話はお気軽に
無料通話
資料請求
上側 供花・供物のご注文はコチラ
事前相談・資料請求はコチラ
TOPページ
お電話でのお問い合わせ
お問い合わせ相談無料
供花・供物のご注文はコチラ
© All Rights Reserved. 広島市で 葬儀・家族葬なら日本終活セレモニー