供花をもらったときはどんなお返しをするのがマナー?
広島市で葬儀・家族葬なら
日本終活セレモニ ー

供花をもらったときはどんなお返しをするのがマナー?

葬儀の最中は、手配や準備、お墓の相談など、考えることが盛りだくさん。ようやく葬儀がひと段落し、ほっとしているところに降りかかってくるのは、香典や弔電のお返しです。そこで気になるのは、葬儀花のお返しについて。

「香典や弔電のお返しはわかるけれど、葬儀花のお返しって必要なの?」「もらったお花一つひとつにお返しをしていたら、かなり大変なのでは……」と疑問や不安を抱いている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで以下では、広島市の葬儀社・日本終活セレモニーが、プロとして葬儀花のお返しについてアドバイスをいたします。

 

 

結論:葬儀花は感謝の気持ちを伝えるだけでOK

供花をもらったときはどんなお返しをするのがマナー?

まず結論からいいますと、香典とは違って、葬儀花は「お返し」をする必要はありません。マナー的にも何ら問題ないため、最低でも参列者には感謝の気持ちを伝えるとよいでしょう。

葬儀に参列できないことを理由に豪華な葬儀花を贈ってくれた方もいらっしゃると思いますので、そういった方々に対しては、とくに深い感謝の念を伝えてください。

「感謝を伝えるだけでは物足りない」と思うほどに相手が親しい間柄であったり、生前は故人の恩人であったりした場合は、返礼品をそえて感謝の気持ちを伝えるのもよいかもしれません。遠方に相手がいる場合は、手紙も一筆したためておきましょう。

 

葬儀花のお返しとしてふさわしいものは?

供花をもらったときはどんなお返しをするのがマナー?

お菓子や乾物、うどんやそうめん、コーヒーなど。基本的には、すぐに消費できて無くなるもの、すなわち「消え物」が葬儀花のお返しとして妥当です。

もちろん、お返しをする相手によってふさわしい品物は変わります。カタログギフトを送って相手に選んでもらうというのもアイデアのひとつですね。

法人や会社などの組織団体名義で葬儀花を受け取っている場合は、多人数で分けて消費できるお菓子セットを贈ると喜ばれるかもしれません。

 

まとめ

広島市の葬儀社・日本終活セレモニーの葬儀花サービスでは、仏教・神道・キリスト教(プロテスタント/カトリック)・無宗教まで幅広く対応しております。葬儀花に関してお困りの際は、まずはお気軽に日本終活セレモニーにまでお問い合わせください。

お問い合わせ・ご相談

葬儀の電話相談スタッフ

葬儀担当の相談員が24時間365日、丁寧に対応いたします

お急ぎの方はお電話ください

相談
無料

ご相談窓口 スタッフ24時間待機中

フリーダイヤル0120-927376

※ご相談だけでしたら料金は一切いただいておりません。お気軽にご相談ください。
※病院から紹介された葬儀社を断ることは、決して失礼なことではありません。

相談無料お電話はお気軽に
無料通話
資料請求
上側 供花・供物のご注文はコチラ
事前相談・資料請求はコチラ
TOPページ
お電話でのお問い合わせ
お問い合わせ相談無料
© All Rights Reserved. 広島市で 葬儀・家族葬なら日本終活セレモニー