宗派によって供花は分けるべき?仏式・神式・キリスト教ごとに異なる花を解説【広島市蓮華】

蓮華

宗派によって供花は分けるべき?仏式・神式・キリスト教ごとに異なる花を解説【広島市蓮華】

広島市の葬儀社・蓮華では、仏教・神道・キリスト教の各葬儀にふさわしいお花の手配を行っています。

仏教において供花には、「修行の一貫としてお花を手向ける」「供養する人の心を清らかにする」「極楽をイメージして花を添える」といった複数の意味があります。

一方で神道は、供花ではなく榊(さかき)を葬儀で用います。穢れや邪気をはらい、空間を清めるという意味があるそうです。

ではキリスト教はどうでしょうか。この宗教には「供養」の概念はなく、あくまでも「献花」としてお花を添えるのが一般的です。

以下に、各宗教ごとに用いるべき供花(ないしは献花)の種類やマナーについてまとめました。「急に葬儀に参列しなければならなくなった」という際に慌てず適切な供花を用意できるよう、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

仏教における供花の種類・マナー

好ましい花菊・一輪菊・グラジオラス・カーネーション・りんどうなど
好ましい色白(四十九日まで)、赤・ピンク・白・黄・紫
NGの花トゲ、毒、花粉、香りが強い、ツルが生えている

お問い合わせ・ご相談

 

神道における供花の種類・マナー

好ましい花原則として花ではなく榊(さかき)を添える。ただし、喪主によっては仏花でも歓迎してくれることもあるため、事前に確認しておくとよい。
好ましい色喪主に要確認
NGの花喪主に要確認

お問い合わせ・ご相談

 

キリスト教における供花の種類・マナー

好ましい花カーネーション・ユリ・胡蝶蘭・故人が好きだった花
好ましい色キリスト教では白が基調
NGの花バラのようなトゲのある花

お問い合わせ・ご相談

 

広島市の葬儀社・蓮華は、仏教・神道・キリスト教・無宗教まで幅広く対応可能です。供花の手配もワンストップで承りますので、まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談

 

お電話でのお問い合わせ
お問い合わせ相談無料
Copyright c All Rights Reserved.